暴力を含む借金取立ての現実

キャッシングベスト3

本当に暴力沙汰になるのか?借金取り立て、実際のところは…

「借金の取立て」、と聞くと、なんだか怖いイメージをしてしまうのではないでしょうか。粗暴な男が家に押しかけてきて扉の前で脅しているシーンなど、ドラマではよく見られますね。

実際のところ、借金の取立てはああいった状況にはなりません。

キャッシング業者には大手銀行や郵便局、クレジット会社などがあり、上場企業も少なくありませんが、そういった一般的な会社が前述のような無茶な取立てをすることはありません。そのような行為は会社の信用にかかわってしまうのです。

借金の取立てに関しては、法律で様々な規制があります。正当な理由なしに決められた時間外に電話や訪問をしてはいけない、貼り紙を家の壁やドアに貼ってはいけない、勤務先に取り立てに訪問してはいけないなど、様々な行為が法で規制されています。このような行為が金融庁で認められた場合には金融庁からキャッシング業者に勧告が届きます。

したがって、もし貴方がそういった行為を受けたなら、金融庁に連絡してよいのです。

ただしこれは一般的な企業の話であって、いわゆるヤミ金業者であった場合、彼らに法律は関係ありません。守る気がありません。ドラマよろしく、物騒な取立ての餌食にあってしまうことでしょう。まず関わらないことが大事です。

一般的なキャッシング業者でそういった被害にあうことはないので、安心してよいでしょう。しかしかといって、返済が遅れてしまうことがよいわけではありません。可能な限り返済は遅れないようにし、もしどうしても遅れてしまう場合には、連絡するようにしましょう。連絡を取りお互いに序今日を把握できていることが最も望ましいのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査が甘い?】と評判の消費者金融会社一覧 All Rights Reserved.