少し借りすぎた?借金を抱え込んでしまったときには上手な返済方法を

借金には様々な理由がありますね。事業資金、生活費、あるいは少しの遊びすぎ…様々な借金理由があると思いますが、いずれの理由であっても借りたお金は返さなければなりません。

現在、借金を抱え込んでしまって困っている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方のために、この記事では上手に借金を返済するための方法、考え方を紹介したいと思います。

・借金の総額、毎月の支払い額など、自分の今の状態を把握する

たとえば住宅ローンなど、1つや2つの金融機関からまとまった融資を受けている場合には、この項目についてはあまり考える必要はありません。ひとつの融資での金額が大きいので、融資を受けている方、そして金融機関、共に返済に計画的である為です。融資前に収入と返済のバランスを考えているため、自分の今の状況についてわからなくなってしまう可能性は低いと考えられます。

それよりも、小さな金額の融資を複数の金融機関から借り入れている場合です。多重債務者とも呼ばれますが、こういった方は自身が月にどれだけ支払っているか、それにより元の借入額がどれだけ減っているのかを把握できていない可能性があります。借入額に対して毎月少ない額の返済しかしていない場合、利息分しか払っていない可能性すらあります。

現在の借金総額、毎月の支払額はもちろんのこと、利息分の支払いと元本の返済額を把握することが大事です。元本をいかに早く減らすかが借金返済の重要なポイントです。

・早期返済を目指す

最も返済の効率が悪いのは、毎月利息分だけを支払うことです。これでは借り入れた元の額が減らないので、借入額によって発生する利息を永遠に払い続けるだけとなります。効率が悪いというよりかは、返済できていないといった方が正しいかもしれません。

したがって、効率の良い返済方法とは、早くから元の借入額を返済していくことです。毎月可能な限り多く支払うようにすれば、借入額も減り、それにともなって利息分の総額も減らすことができます。

返済のために家計を見直すのはもちろんのこと、もし余裕があれば、繰り上げ返済を行うのも大変有効です。これは前倒しして多くの返済を一度に行う返済方法ですが、まとめて元本の借入額を減らすことができるので、大変有効な返済方法といえるでしょう。

借金返済のための方法は、このほかには借金の一本化など、様々なものがありますが、最も基本的で重要なのは上記の2点といえるでしょう。もし今借金に悩んでいるのなら、自分の状況をよく把握し、耐えるべきところは耐え、負債を減らすようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査が甘い?】と評判の消費者金融会社一覧 All Rights Reserved.